カーナビ NAVIGATION

カーナビ入門

カーナビは色々な種類があります。これからカーナビを購入する方の為に「知っていた方がいい情報」や「最低限知っておきたい情報」などをわかりやすく解説していきます。
カーナビは高い買い物なので後悔しない為にも購入前に「最低限の知識」は抑えておきましょう!

後悔しないために

「カーナビが欲しい」と思った時、カーナビに詳しくない初心者の方のほとんどが、知識がないために製品選びに失敗してしまったり、お店の売りたい商品を店員の巧みなセールストークに惑わされ買ってしまい痛い経験をして、少しづつ勉強し少しづつ詳しくなっていきます。

そんな大切な「時間」や「お金」を無駄にしてしまわないために失敗しないショップ選びや商品選びのヒントにしてください。

「純正ナビ」VS「社外ナビ」

車を新車で購入する際などに、必ずと言っていいほど営業マンにおすすめされるカーナビ。
最近では社外ナビの性能がどんどん上がってきて最初から社外ナビを選ぶ方が多くなってきています。純正ナビよりも社外ナビの方が優れている部分が多いのですが、メーカーも純正ナビを売る為にオンリーワンの機能などを付けて高い純正ナビを買ってもらおうと頑張っています。

結論から先にお話させて頂くと・・・絶対に「社外ナビ」です。

純正ナビは故障した際にメーカーではないと修理できなかったり、オプションを追加するにも価格の高い純正品ではないと取り付けができなかったりと「メーカーの縛り」があり、トレンドワークスにご来店頂くオーナー様でも純正ナビであるがゆえ、「欲しい機能が追加できない・・」「場合によっては交換さえできない・・」など困っている方が多く、そういった方によくご相談を頂きます。

ネットで色々な商品が安く買える時代にメーカー純正品ではないと追加できない、ディーラーじゃないと地図更新ができないなど、正直あまり現実的ではありません。ディーラーの営業マンにおすすめされるままに純正ナビを購入してしまうとマイナスなことばかりです・・。

純正ナビに付いている機能が欲しくて、社外ナビにその機能がない場合を除いて社外ナビをおすすめします。

 

量販店とプロショップの違い

カーナビ交換は量販店でも行っている作業になりますが、トレンドワークスは量販店とは一味違ったプロショップのクオリティーでの作業が可能です。
純正機能の流用はもちろん、量販店ではできない加工作業も行っておりますので量販店では「できません!」と言われてしまった作業でも加工をすることによって可能になります。

また量販店では純正機能を流用する場合は「流用する為の製品」がないと流用することができません。
量販店で「できない」という作業がプロショップでは「できる」に変わる場合がありますが、量販店で「できる」作業がプロショップでは「できない」という場合はほとんどありませんので、量販店で「できない」と言われた場合でも、必ずプロショップでご相談ください。ほとんどの場合は解決します。

DIYで自分で付けても大丈夫?

「中古車に最初から付いていた」、「他店で取付した」などの他店で作業したナビの点検やシステムアップを行うこともあるのですが、「素人が説明書やネットの情報を見ながら、見よう見まねで作業したような配線がぐちゃぐちゃなお粗末な取り付け」がかなり多いです

問題なのが、カーナビの不具合だけで済めばいいのですが、カーナビなどの取り付けは専門知識を必要とする「電気配線作業」なので、知識のない方が見よう見まねで作業してしまうと最悪の場合、車両火災に発展してもおかしくありません。当然ですがショートすれば火花が出ますし車の中は電気だらけでガソリンまで積んでいます。車両火災になってしまった場合、車のほとんどが燃えてしまい「カーナビ作業の配線ミスが原因」と特定することは難しく、「原因不明の車両火災」で泣き寝入りになってしまうケースがほとんどです。

最低限の電気知識のある方であれば問題ないと思いますが、知識のない方がする作業は本当に危険です。

私もこの業界に入る前は「1万円の商品を取り付けするのに工賃が1万で結果2倍の費用が掛かるなんてありえない・・」と思い、ネットで取り付け方などを探してコピーして、その資料を見ながら自分で作業を行っていました。
今考えるとネット情報は間違いだらけです・・。実際にその記事を書いた人のスキルもわからないですし、ネットでは無責任にやり方を書いているので、そのやり方が間違っていないという保証もありません。
何度もコピーした記事を読んで理解して壊さないように慎重に慎重に作業をしましたが、結果は・・雨漏りで車内に水が入ってしまい色々なものがショートしてしまったり、色々なパネルのツメを折ってしまって走ると振動でビビり音が出てしまったりと、自分のミスを自分でカバーするという無限ループの作業を行っていました。量販店⇒自宅を何度も繰り返し、調べて、買って、取付して、壊して、調べて、買って、直して・・・と当時はそれが楽しかったのですが、今考えると時間とお金をかなり消耗しました・・。途中でそれに気が付いてこの業界に入った訳です。今思えば、最初からプロに頼んだ方が安くて確実でクオリティーが高かったと思っています。

カーナビ「取付工賃」の差

カーナビ業界にも当然「価格競争」がありますが、むやみに「取付工賃」を値下げし、その分作業を早く進める悪質な業者を選んでしまうと、車両火災や配線ミスなどの被害に遭われてもおかしくありません。

工賃だけで判断しショップを選ぶのは「ギャンブル」です。工賃で判断するのではなく「技術」「実績」で判断し、最終的に価格で判断するのが最良だと思います。
ショップの中には、「作業して次!作業して次!」と流れ作業で作業しているショップや、出張作業をメインに行っている店舗を構えていないショップに多い個人で作業を行っている場合がありますのでショップ選びは慎重に!

ポータブルナビって何が違うの?

ポータブルナビも道案内する部分は何も変わりません。世間で「カーナビ」というと道案内機能の他に、CDやラジオが再生できたりDVDが見れる機種もあります。ポータブルナビはその道案内の機能だけのナビがポータブルナビです。また、ポータブルナビは道案内の精度も少し劣ってしまいます。

ポータブルナビは機種によっても異なりますが、基本的にはGPSのみで車の場所を特定して道案内をしているので、トンネルなどに入った時にGPSが遮断されてしまうと精度が落ちてしまいます。ここ最近では色々なセンサーが発達して精度が落ちづらくはなっていますが、従来の埋め込み型ナビに比べてしまうと精度が劣ってしまい、カメラなど追加できる機能が少なく「簡易的なカーナビ」になってしまいます。

運転する時にカーナビが無いと不安な方は精度の高い「埋め込み型の2DINナビ」をおすすめします。

カーナビに関する記事一覧