その他OTHER

トレンドワークスではカメラやモニター、ドライブレコーダーやレーダー探知機などオーディオやカーナビ以外の商品も取り扱っております。
オーナー様のカーライフを安全に楽しく便利にするアイテムをご提案するとともに、組み合わせや商品選びについても全力でサポート致します。

カメラ各種
バックカメラ/サイドカメラ/フロントカメラ

車にある死角にカメラを増設して死角を無くし視認性・安全性を向上させます。前方・後方・側面などへ設置することによって接触事故を未然に防ぎます。加工で埋め込んで純正の様な仕上がりにすることも可能です。

バックカメラ|後方確認用

一昔前までは「バックカメラは運転が苦手な人が付ける」というイメージがありましたが、近年では運転が上手なドライバーであっても死角を減らし、より安全な駐車を行いたいというご要望が多く、カメラを増設する方が増えています。
広角カメラ、視点切替機能付きカメラ、埋め込み専用カメラなど、色々なメーカーから色々な種類が発売しておりますので、オーナー様に最適なカメラを数あるメーカーからご提案します。

メーカーによって呼び名が違います

後方確認用カメラには「バックカメラ」以外にも、「リアカメラ」や「バックビューカメラ」、「バックモニター」など、さまざまな呼び名があります。
どれも後方確認用カメラになりますので商品をご自身でお探しになる場合は呼び名の違いにご注意ください。

国産車 輸入車
取付工賃 ¥12,960 ¥16,200
カーナビ同時作業 ¥8,640 ¥12,960

※全て税込

付いているリアカメラに「録画機能」だけを追加できます

既存のリアカメラに録画機能だけを追加して「あおり運転」対策のリアドライブレコーダーとして使用することも可能です。
映像は常時録画され、リバースギア切り替え時は今までと変わらずカーナビ画面で後方の確認が可能です。また付属スイッチで任意のタイミングで録画することも可能です。既に前方のドライブレコーダーを取付してしまった方などにオススメです!
RCA接続の社外ナビやトヨタ・ディーラーオプションナビに対応します。※輸入車の純正リアカメラには適合致しません。

またオプションのGPSアンテナを追加して、映像の他に「日時」「場所」を記録することが可能です。別途¥3,780(税込)

取付工賃込み¥21,600(税込)

 

 

サイドカメラ|側面確認用

車の側面の死角を確認できるカメラ。主に助手席側の側面や助手席側の前方の確認に役立ちます。

トレンドワークスでは見た目を考慮して、サイドカメラは車種専用品または超小型ボールカメラをドアミラーの下へ加工して埋め込む方法をおすすめしております。
目立たず、見た目も純正の様にインストールできますので後付け感のないスマートな取り付けが可能です。

国産車 輸入車
取付工賃 ¥16,200 ¥21,600
カーナビ同時作業 ¥12,960 ¥16,200

※全て税込
※埋め込み加工の場合は¥5,400(税込)の加工費用が追加になります。

フロントカメラ|前方確認用

前方の障害物の確認や見通しの悪い交差点など左右が確認しにくい場所でとても便利です。
ナンバープレートの下へ固定する方法やナンバーの固定用ネジがカメラになっているモデルなどいろいろなご提案が可能です。

国産車 輸入車
取付工賃 ¥16,200 ¥21,600
カーナビ同時作業 ¥12,960 ¥16,200

※全て税込

既存システムに追加することも可能

バックギアに連動させて画面を自動で切り替えてカメラの映像を確認する。ボタンを押したときに数秒間だけサイドカメラを映す。など色々なご要望にお応えするために色々な製品を組み合わせてご希望のシステムをご提案させて頂きます。

正規販売メーカー
  • carrozzeria(カロッツェリア)
  • ALPINE(アルパイン)
  • Panasonic(パナソニック)
  • KENWOOD(ケンウッド)
  • MITSUBISHI(三菱電機)
  • ECLIPSE(イクリプス)
  • Beat-Sonic(ビートソニック)
  • DataSystem(データシステム)
  • Bullcon(ブルコン)
  • AISIN(アイシン)
  • Interface Japan(インターフェースジャパン)
  • a-tack(エータック)

※その他メーカーについてもぜひご相談ください

リアモニター(後席モニター)
フリップダウン/ヘッドレストモニター

後部座席の人を退屈させない為にカーナビのテレビやDVDをリアモニターに映します。
後部座席に人を乗せることが多い方にはおすすめです。

リアモニターの種類

リアモニターには、大きく分けて2種類の形状があります。
車種や用途に応じてお選びください。選び方がわからない方はお気軽にご相談ください。

フリップダウンモニター

フリップダウンタイプ

モニターを天井に固定して吊り下げるタイプのモニターです。
モニターサイズが大きく、使わない時は折りたたんで収納できますのでモニターが大きくてもコンパクトです。取り付けには天井の切り取りが必要になりますので純正状態に戻すことはできません。
ミニバンやワンボックスなど、天井の高い車に最適です。

また、モニターの他に車種専用の取付キットが別途必要になります。取付キットが発売されていない車種には汎用取付キットを使用して加工で取り付けさせて頂きます。

取付キット 国産車 輸入車
取付工賃 適合あり ¥16,200 ¥21,600
適合なし(加工取付) ¥32,400 ¥48,600
カーナビ同時作業 適合あり ¥12,960 ¥16,200
適合なし(加工取付) ¥25,920 ¥37,800

※全て税込

ヘッドレストモニター

ヘッドレスタイプ

運転席や助手席のヘッドレストに専用スタンドを設置するタイプのモニターです。
中央よりの設置になりますので1つ取り付けした場合でも後部座席の左右どちらに座っても見ることができます。左右に2つ取り付けすることも可能です。
取り付け時に加工が不要な為、コストも抑えられます。こちらのタイプは使わない時に収納することはできません。
セダン車など天井の低い車に最適です。

フリップダウンモニターを取り付けすることも可能ですが、モニターとの距離が近くなり圧迫感が出て車内が狭く感じてしまいますので、天井の低いお車にはヘッドレストモニターをお勧めしております。
天井の低い車用の小型フリップダウンモニターもALPINE(アルパイン)から発売しています。

国産車 輸入車
取付工賃 ¥12,960 ¥16,200
カーナビ同時作業 ¥10,800 ¥12,960

※全て税込

正規販売メーカー
  • carrozzeria(カロッツェリア)
  • ALPINE(アルパイン)
  • Panasonic(パナソニック)
  • KENWOOD(ケンウッド)
  • Beat-Sonic(ビートソニック)
  • DataSystem(データシステム)

ETC/ETC2.0

ETCはご存知だと思いますが、ETC2.0は従来のETCに運転支援機能が追加された次世代のETCです。
ETC2.0にするメリットは高速道路での渋滞情報などを取得することができたり、料金がETCより割引になったりと従来のETCよりメリットが多いのが特徴です。
高速道路をよく利用する方にはETC2.0がおすすめです。

こだわりインストール作業

取り付け作業は、できる限り配線が見えない様にスマートに取り付けします。純正取り付け位置への取り付けはもちろんのこと、グローブBOXやコンソールBOXなどの見えない場所へ取り付けすることも可能です。簡単な加工であれば取り付けに伴う加工料金などは一切頂いておりません。

またETCレーンを問題なく通過できるか(ゲートが開くか)を調べるの専用テスターも完備しておりますので、安心してETCを利用できます。

国産車 輸入車
取付工賃 ¥8,640 ¥10,800
カーナビ同時作業 ¥5,400 ¥8,100

※全て税込

セットアップも即日可能

ETC取り付け後、そのままではETCを使用することができません。使用するにはセットアップが必ず必要になります。トレンドワークスは認定セットアップ店になりますので、取り付け後すぐにETCを利用可能です。

セットアップ料金
ETC ¥2,700
ETC2.0 ¥3,780

※全て税込

ドライブレコーダー

ドライブレコーダーの最大のメリットは事故発生時の状況証拠になること。
過失について争いになった場合は、有利に交渉を進められます。その為、近年では多くの車にドライブレコーダーが装着されるようになりました。
最近では、高速道路の事故の影響で後方も録画ができる前後2カメラタイプのドライブレコーダーが人気です。

こだわりインストール作業

取り付け作業は、できる限り配線が見えない様にスマートに取り付けします。電源は通常はオプション品で追加料金になってしまう直接電源取得ケーブルを追加せずに本体に付属されているシガーソケット電源ケーブルを使用し、変換アダプター(無料)を使用して見えない場所から電源を取得します。付属のシガーソケット接続ケーブルを一切加工しませんので、初期不良や不具合の際のメーカー保証も受けれます。

見た目も機能、保証まで考慮したプロショップならではの取り付けが可能です。
基本的には運転席から視覚的に邪魔にならない場所に取り付けします。ご希望の取付場所など御座いましたらお気軽にご相談ください。

取付工賃込みおすすめモデル

トレンドワークスでは、駐車中の録画が可能なドライブレコーダーをおすすめしています。駐車中の当て逃げや車上荒らし対策などセキュリティ効果もありますので便利です。またバッテリー上がり対策がされている為、バッテリーが弱くなると駐車中の録画を自動的に停止しますのでバッテリー上がりの心配も無く安心です。

色々種類が多いドライブレコーダーの中からトレンドワークスが自信を持っておすすめできるモデルをご紹介。
今まで当店で販売していて不具合などが少なく安心してご提供できる機種を厳選しました。

もちろんここにない機種でもご案内できますので、ご希望の機種など御座いましたらお気軽にお問い合わせください。

クリックで拡大表示ができます。

      国産車 輸入車
取付工賃  フロント1カメラ
タイプ
単品 ¥8,640 ¥10,800
 カーナビ同時作業 ¥5,400 ¥8,100
フロントリア2カメラ
タイプ
単品 ¥17,280 ¥21,600
カーナビ同時作業 ¥15,120 ¥18,900

※全て税込

付いているリアカメラに「録画機能」だけを追加できます

既存のリアカメラに録画機能だけを追加して「あおり運転」対策のリアドライブレコーダーとして使用することも可能です。
映像は常時録画され、リバースギア切り替え時は今までと変わらずカーナビ画面で後方の確認が可能です。また付属スイッチで任意のタイミングで録画することも可能です。既に前方のドライブレコーダーを取付してしまった方などにオススメです!
RCA接続の社外ナビやトヨタ・ディーラーオプションナビに対応します。※輸入車の純正リアカメラには適合致しません。

またオプションのGPSアンテナを追加して、映像の他に「日時」「場所」を記録することが可能です。別途¥3,780(税込)

取付工賃込み¥21,600(税込)

正規販売メーカー
  • COMTEC(コムテック)
    ※指定店モデルも販売しております
  • yupiteru(ユピテル)
    ※指定店モデルも販売しております
  • CELLSTAR(セルスター)
  • carrozzeria(カロッツェリア)
  • KENWOOD(ケンウッド)
  • SmartRECO(スマートレコ)
  • COWON(コウォン)

レーダー探知機

スピード違反取り締まりやネズミ捕り、オービスの場所などを収録データとGPSで通知して安全運転をサポートします。
緊急車両やパトカーの接近、交通安全(取締強化)週間の通知など、色々な情報が取得できるようになります。
車に付いている診断ポート(OBD)で接続可能な車種では、エンジン回転数などの車のコンピューター情報をモニターに表示させることが可能です。

こだわりインストール作業

取り付け作業は、できる限り配線が見えない様にスマートに取り付けします。電源は通常はオプション品で追加料金になってしまう直接電源取得ケーブルを追加せずに本体に付属されているシガーソケット電源ケーブルを使用し、変換アダプター(無料)を使用して見えない場所から電源を取得します。付属のシガーソケット接続ケーブルを一切加工しませんので、初期不良や不具合の際のメーカー保証も受けれます。

見た目も機能、保証まで考慮したプロショップならではの取り付けが可能です。
付属のスタンドでの取付以外にも「ここに付けたい!」などご要望が御座いましたらお気軽にご相談ください。

ドライブレコーダー連動モデルあり

同じメーカーのドライブレコーダー接続することによって、レーダー探知機のモニターでドライブレコーダーの映像を確認することができるようになりますので、モニターがない小型のドライブレコーダーを装着しても映像の確認や、設定変更などをレーダー探知機のモニターから確認ができます。また、GPS機能がないドライブレコーダーの場合はレーダーのGPS情報を取得して、現在地や走行スピードを記録することができます。

レーダー探知機は以下のメーカーから数種類が発売しておりますので、お車、用途によって最適な機種をご提案させて頂きます。まずはお問合せください。

国産車 輸入車
取付工賃 ¥8,640 ¥10,800
カーナビ同時作業 ¥5,400 ¥8,100

※全て税込

正規販売メーカー
  • CELLSTAR(セルスター)
  • yupiteru(ユピテル)
    ※指定店モデルも販売しております
  • COMTEC(コムテック)

iPhone・スマートフォン接続/USB増設

iPhoneやスマートフォンを既存システムに接続できるようにします。
USBが付いていないお車でも音楽再生をしながら充電ができる様にUSBを増設することも可能です。
音声(音楽)のみの場合は、Bluetooth(ブルートゥース)またはケーブルで接続可能です。
映像(ビデオ)を再生したい場合は、iPhoneやスマホの画面をカーナビやモニターにWi-Fi(ワイファイ)またはケーブルで接続して映し出すことが可能です。
iPhoneなどに表示されている画面がそのままコピー(ミラーリング)されますので、モニターで「GoogleMap」やカーナビアプリを使用したり、YOUTUBEを車のモニターで見ることが可能になります。

お車のシステムによって必要なパーツや適合が異なりますので詳細はお問合せください。

USB電源がない場所でも、ご希望の場所へUSB電源を加工で埋め込んで増設します。シガーソケットを使わずにスマートに携帯の充電ができます。
普段携帯を置く場所の近くに増設したりと使いやすく快適にすることができます。

純正ナビ用に設置されているUSBポートは社外ナビに交換してしまうと使用できなくなってしまいますので、社外ナビと接続されているUSBを純正パネルのUSBポートに加工で埋め込んで使用できるようにします。

インターフェース(輸入車)

インターフェースを取付する事によって、純正システムには無い「カメラ」「テレビ」「DVD」などの欲しい機能だけを追加することが可能になります。

市販品の追加が可能になる「インターフェース」

輸入車は純正システムがコンピューター制御されていて、カメラやチューナーなどの市販品を接続することができません。
車の純正システムにテレビやDVDプレーヤーなどの市販品を接続する為の中継BOXがインターフェースです。インターフェースを取り付けすることによって今まで純正モニターに映し出すことができなかった映像を映し出すことができるようになります。

インターフェースは純正システムに「映像」を入力する製品なので、音声はインターフェース経由では入力ができません。
カメラの追加であれば音声は関係ありませんので問題ありませんが、地デジチューナーやDVDプレーヤーの追加の場合は、音声の入力には純正AUX(外部入力)が装備されている必要がありますのでご注意ください。
純正AUXがない場合はFMモジュレーターでの入力になってしまいますので、音質が悪くなってしまいます。

正規ディーラーでも車に付いていない機能を追加したいとご要望があった場合は、このインターフェースを使用して機能を追加しておりますので、ディーラーでも行っている内容の作業になりますので安心です。

カメラの追加

バックカメラではリバースギア連動で自動的に画面がカメラ映像に切り替わるのはもちろん、ハンドルの角度で予測ガイドラインを動かすことができる高機能なインターフェースもあり、まるで純正の様なクオリティーでカメラを追加することが可能です。

テレビ(地デジチューナー)/DVDプレーヤーの追加

製品によっては、付属リモコン以外にもハンドルスイッチでチャンネル変更できたり、純正コントローラーでチャンネル切り替えができ、より純正の様に使用できます。またインターフェース経由で入力したテレビやDVDなどの映像は走行中でも視聴可能なのでキャンセラーを追加する必要がありません。

その他、iPod/iPhoneケーブル追加、ブルートゥースオーディオの追加など、お車に欲しい機能が御座いましたらお気軽にご相談ください。

取付工賃 輸入車
インターフェース ¥21,600
オプション
※1
地デジチューナー ¥10,800
カメラ ¥12,960
DVDプレーヤー ¥10,800
ケーブル類 ¥8,640
カーナビ(RGB) ¥43,200

※全て税込
※1 オプションはインターフェースと同時取り付けの場合の取付工賃になります。

正規販売メーカー
  • Interface Japan(インターフェースジャパン)
  • a-tack(エータック)