カーオーディオ AUDIO

音にパワーをプラスする「パワーアンプ」

音が悪いと感じたら、スピーカー交換をして音質を改善し、デッドニングでスピーカーのポテンシャルを最大限まで引き上げ、それでもまだ音質を改善した場合に必要となるのがこのパワーアンプの取り付け作業です。

「音」を出すためには必ずアンプが必要になります。今でも音が出ていれば必ずアンプが付いています。
では、アンプがあるのになぜ音を良くする為にそのアンプを替えなければならないのか・・・

それは純正オーディオやカーナビなどに内蔵されている「内臓アンプ」と呼ばれるアンプは「音を出す為のアンプ」であり、「音質を向上させる為のアンプではない」ということです。
内臓アンプは音を出す為なのでパワーはとても非力で、スピーカー交換をしてスピーカーの性能が上がったことにより、その非力な内臓アンプでは純正スピーカーより性能の高い新しいスピーカーを鳴らし切れません。新しいスピーカーの本来の音を出すため、ポテンシャルを最大限まで上げる為には、スピーカーの性能に見合ったアンプが必要不可欠になります。

スピーカー交換で音質を向上させ、デッドニングでスピーカーが付いている環境を最適化し、アンプ交換でそのスピーカーが持っている1番良い音を出せる様にして、どんどんと音質を向上させていきます。

スピーカーを交換して良い音が出る様になってもスピーカーを制御しているアンプが純正のままでは、そのスピーカーが持っている本来の音を出すことができません。それは、純正スピーカーのスペックに合わせた内臓アンプで、交換したスピーカーを鳴らすことはできても、そのスピーカーの力はまだ全部出しきれていないということです。内臓アンプで鳴らしている音がそのスピーカーで出せる最高の音ではないという事です。

内臓アンプと後付けアンプの違い

 

CDデッキやカーナビなど音が出る機器には必ず「アンプ」が内臓されています。デッキやカーナビの中にはCDを再生する為の機械や、ディスプレーに文字を映し出す為の機械、ディスプレーを光らせる機械など、中にはアンプ以外にも色々な機械が内臓されており、スペースが限られている為に内臓アンプを大きくすることができません。

後付けのアンプはスペースに制限がないので、純正アンプに比べると大きさは何十倍という大きさで違います。
外付けのアンプはアンプ部分だけでデッキやカーナビ全体よりも大きい訳ですから、アンプの性能がどれだけ上がっているかはその大きさからも判断できると思います。実際に高価で高性能なアンプほどスペースや大きさよりも音質を重視している為、大きいのも特徴です。

アンプを付けると、音がどう変わるのか?

アンプの性能は「スピーカーを動かす力」と「止める力」に関わってきます。
スピーカーをパッと瞬時に動かしたり、ピタッと一瞬で止める為には高性能なアンプが必要になってきます。

内臓アンプでは性能が低い為に、スピーカーを瞬時に制御することができず、「ゆっくり動き始めて、ゆっくり止まる」という動きになってしまいます。
言葉で表現するなあば、同じ音でもアンプの性能によって音が「ド~ン!」と聞こえるか、「ドンッ!」と聞こえるかの違いです。実際に音楽は色々な音が次から次へと鳴りますので、前に鳴った音がまだ残っている状態で次の音が出てしまうと、全体的にボワっと締まりのない音になってしまいます。

この動きが結果的に音の輪郭をボヤけさせてしまいメリハリのない非力な平坦な音になってしまいます。
逆にアンプを交換した場合は、スピーカーを制御する能力が高くなる為、音にメリハリが出て力強い音に変わり、クッキリ・ハッキリとした音に変化します。

例えてみるならば、スピードの出る高出力エンジンに交換してブレーキは純正のまま変えていない状態が、スピーカー交換やデッドニングだけを行った状態です。
それではスピードを出すことはできても、スピードが出過ぎて止まることができません。
エンジンを高性能の良いものに交換したらブレーキもそのエンジンに合った性能の高いブレーキに交換することで急激なスピードを出したり、急激に減速したりすることができて結果的に早く走ることができる様になります。ブレーキを交換することによってそのエンジンを最大限まで使えるということです。

アンプの価格

パワーアンプの価格は1~2万円のエントリークラスのアンプがあれば、10万円以上のハイエンドクラスのアンプもあり値段はピンキリです。
選ぶ基準としては、今付いているスピーカーの性能を最大限に発揮させることができるスペックのアンプを選ぶ必要があります。アンプの価格だけでは決めることができません。

スペックで合わせていくと高性能な高価なスピーカーでは、アンプも高価な高性能なアンプが必要になってしまい。リーズナブルなスピーカーでは高いアンプはオーバースペックになってしまいますので、リーズナブルなアンプで合わせていきます。

パワーアンプはスピーカーに比べて、商品も多く選び方がとても難しいので、スピーカーのスペックから最適なアンプをご紹介させて頂きますのでお気軽にご相談ください。

また、アンプ本体と取付工賃以外にも接続に必要なケーブルやヒューズなどの細かいパーツが色々と必要になります。
こだわっていくとケーブルの質をどのくらいのグレードにするのか、など商品選びがとても難しいのが「アンプ交換」です。
アンプやケーブルなどはご予算に応じて、商品選びができますのでご相談ください。

デモボードでアンプ比較が可能

試聴用デモボードでは、「デッキ内臓アンプ」と「外付けアンプ」の音を、同じスピーカーでパワーアンプの有無でどの様に音が変わるのかの比較が可能です。
まずはお自分の耳で「音がどう変わるのか」「アンプを交換した場合にその違いが分かるか」などをご確認ください。

デッキ内蔵のアンプでは純正状態や社外ナビを想定し、平均的な「50W×4」のデッキをご用意しております。
外付けのパワーアンプではわかりやすく2倍「100W×4」のパワーアンプをご用意しております。

種類 アンプ スペック
内臓アンプ carrozzeria「DEH-970」 50W×4
外付けアンプ Rainbow「Beat4」 100W×4

失敗しない為にも必ず試聴してからご検討ください。

カーオーディオに関する記事一覧