サブウーファー

スピーカーだけでは「良い音」は鳴らせない!

車で好きな音楽を聴いていても、なんだかノリノリになれない…それは気分ではなく「音質」の問題です。

ではライブハウスやクラブなどノリノリになれる場所で聞いている「音」と何が違うのか?

 

原因は…「音の迫力」です。

迫力を出すのに必要なのは「低音」です。

 

その「迫力」を出す為に、ノリノリになる為にオーディオの設定の「BASS」などを上げていませんか?音が割れていませんか?そして音がモコモコして音質が悪くなっていませんか?

そう!なっているはずです。そうなっている方が本当に多いです。まずは当店のデモ機で試聴して不快感のない迫力のある「本来の音」を1度聞いてみて下さい。

きっと、自分の車の音がどれだけ悪かったのか、スカスカな音だったのかが体感できると思います。決して高価な組み合わせではなくても問題ありません。

 

重要なのは「値段」ではなく「バランス」なのです。

Forbeginner

For Beginner

でも「サブウーファー」って必要なの?

一番多いご意見が「若者の車みたいに低音ズンズン鳴らすのはちょっと…」と考えている方が多いと思いますが、車外に漏れるような大きな音でズンズン鳴らさなくても「音楽を良い音で楽しむ」にはサブウーファーは間違いなく「必要」です。

 

理由は、車のドアスピーカーは10cm~17cm程度のスピーカーが装着されており、サブウーファーなしでは音楽の本来の音(原音)を再生するのは不可能です

CDなどに録音されている低音(低域の音)が大きくても17cm程度のスピーカーでは再生しきれないからです。25cm以上のスピーカー(サブウーファー)を取り付けすることによって、初めて「本来の音」が再生可能になります。

サブウーファーなしの車は、CDに録音されている「本来の音」ではなく、今の車のシステムでは再生することのできない「低音がない音楽」を聴いているのでスカスカに感じたり、迫力がないのです。

 

当店ではサブウーファーの試聴もできますので、まずは「サブウーファーありの音」と「サブウーファーなしの音」の差をご自分の耳で体感して下さい。悪いことは言いません。後悔しない為にも試聴してから買って下さい。

その差は誰でも必ず体感できるほどの「差」があります。スピーカー交換の次に体感できるのがこの「サブウーファー」です。

 

アンプ内蔵サブウーファーからのアップグレード

カロッツェリアのアンプ内蔵サブウーファー

小型で比較的リーズナブルな「アンプ内蔵サブウーファー」や「パワードサブウーファー」。サブウーファーを付けるのが初めての方はこのアンプ内蔵タイプを購入することが多いと思います。

高いサブウーファーと、アンプ内蔵サブウーファー値段は倍以上、物によっては3倍、4倍の価格差があります。この値段の差はなんなのでしょうか?

 

アンプ内蔵サブウーファーも同じ「サブウーファー」ですが、再生できる低音が全く異なります。アンプ内蔵型サブウーファーはメーカーによって「チューンナップウーファー」や「パワードサブウーファー」などと言い方は様々ですが、全て同じ「アンプ内蔵サブーファー」です。

アンプ内蔵サブウーファーの多くは25cm未満のスピーカーが装着されている製品が多く、その音は「ポコポコ」となる製品ばかりで、「重低音」などとは決して言えません。

音量もあまり出ません。音量を出そうとボリュームを大きくするとバフバフ鳴って音割れします。音割れしないようにボリュームを下げると迫力が出ません。

これがこの価格帯の製品の限界です。この小型のサブウーファーを値段だけで買った方は皆さんこの悩みに悩まされ、相談に来られます。

特に後悔する方が多いのはカロッツェリアやアルパイン、ケンウッドなどのシート下に設置できる小型のサブウーファー。カタログなどに書かれている「重低音!」や「迫力の低音!」とはお世辞にも言えない「低音」がなる製品がほとんどです。

 

アンプ内蔵サブウーファーは再生できる音の幅(周波数)がアンプ別体型に比べて少ない為、そのアンプ内蔵サブウーファーが得意な周波数の音は「ブーブー」大きな音で鳴り、もっと低い再生できない音の時は急に音が小さくなったりと、音量にばらつきがあるのも特徴です。

アンプ別体サブウーファーは低い周波数から高い周波数までの音が再生できるので周波数の高い低音から低い低音まで同じ音量で再生できますので結果的に急に音が大きくなったり、小さくなったりしません。

 

アンプ別体型の本格サブウーファーは、まさに「重低音」と言える「ズンズン」と胃の中に響く様な重い低音が鳴り、音楽の迫力がアンプ内蔵サブウーファーとは全く異なりますので、カーオーディオ業界では「アンプ内蔵サブウーファー」と「アンプ別体サブウーファー」は全く「別物」として扱われています。

アンプ内蔵サブウーファーで少しでも不満がある方は、本格的なシステムに交換するしかありません。

150Wのアンプ内蔵サブウーファーから300Wのアンプ内蔵サブウーファーに変更しても、「アンプ内蔵サブウーファー特有のポコポコサウンド」には変わりありません。

ほとんどの方が最終的にはこのシステムにたどり着きます。 

 
 

当店では、アンプ別体BOX型を置くスペースのある車には絶対BOX型を、スペースのないお車には海外製アンプ内蔵サブウーファーをお勧めしております。

海外製アンプ内蔵サブウーファーはポコポコサウンドではなくしっかり重低音が鳴るサブウーファーが多く、当店でお勧めしているロックフォードの「PS-8」もしっかり重低音が鳴っています。唯一のデメリットは国産に比べ値段が高いということですが、選び方を失敗する方が高くついてしまいますので何を選ぶかがとても重要です。

 
 

クリックで拡大

     SW%E3%83%97%E3%83%A9%E3%83%B30001.jpg  

クリックで拡大

 

試聴可能!

豆知識「サブウーハー」ではなく「サブウーファー」です
RFSW.jpg
 

どれが良いか悩んだら、色々調べるよりも聴いて決めるのが1番です。

当店デモボードでは、「BOX型ロックフォードとJLオーディオ、レインボウ3種類の比較」、「アンプ別体BOX型とアンプ内蔵薄型の比較」、「数種類のスピーカーとの相性の比較」などなど色々な種類のサブウーファーの比較、聴き比べが可能です。

実際に聞き比べてみて、実際に「見て」「触って」「聴いて」決めて下さい!それが1番後悔しない選び方です!

また自分の車に置いたら、どんなイメージになるか、荷室がどの位潰れてしまうのか?取付するスペースがあるのか?など仮設置してからお選び頂く事も可能です。

実際に取り付けして思ったより大きかった…などの失敗がない様に事前のご確認が可能です。

試聴は営業時間内であればいつでもOKです!

 
 

貴方だけのオリジナルセットをお作ります!

他メーカーや「コントローラー付」「他の種類のアンプ」「他の種類のサブウーファー」「他の種類の配線キット」「指定のメーカーで○万円以内で!」などオリジナルセットで「お得なセット価格」でご提供させて頂きます。

 

お見積り

 
 

 こんな方にオススメ

 

「音に迫力がないなぁ…」と悩んでいる方

 
「スピーカー」の音がシャカシャカ鳴っている方
 

アンプ内蔵サブウーファーを購入したが、「ポコポコなるだけで胃に響く様な重低音が出ない…」と後悔している方

 

ライブ会場やクラブの様な「迫力のある音」を求めている方

 

※ 個数限定セット販売の為、予期せずに販売終了する場合が御座いますので予めご了承下さい。

 

東京店のみ

(仙台店では施工内容・価格が異なりますので詳細は仙台店へお問い合わせください)

 

TRENDWORKS

 

 OPEN10:00~CLOSE20:00

 

TEL: 03-3756-0201

FAX: 03-3756-0202

e-mail:info@trendworks.jp