ギャラリーGALLERY

トレンドワークスの松本です。

今回は新車購入時などに必ずと言ってもいいほどお勧めされる「ボディーコーティング」ですが、本当に必要なのか…。コーティングをする必要性についてお話させて頂きます。

まず、ボディーコーティングと言っても種類が色々あります。

「ポリマーコーティングや「ガラスコーティング」それ以外にもいろいろとありますが、今回はこの2つをメインにお話したいと思います。

ポリマーコーティングは言ってしまうと1世代前のコーティングと言った感じです。ガラスコーティングが出る前にはコーティングと言ったらポリマーコーティングだったのですが、高価なガラスコーティングの価格が下がり今ではほとんどの場合でポリマーコーティングではなくガラスコーティングを施工することの方が多くなりました。

ポリマーコーティングとガラスコーティングの違いですが、

大きな違いは「持続性」です。

ポリマーコーティングは1~3年の物が多い中、ガラスコーティングは3~5年と長寿命です。

またガラスコーティングの方がコーティングの被膜(表面)が硬く、洗車などでキズが付きにくいのも特徴です。

今ではガラスコーティングの価格が下がってきましたので、当店でもガラスコーティングを専門にコーティング施工を行っております。

ここで本題ですが…

「ボディーコーティングは必要なのか…?」

必要か不要かに関してはオーナー様の考え方でも変わってくると思います。

コーティングをする方は、「洗車を楽にしたい」「綺麗な車のまま維持したい」「売却する際に少しでも綺麗に見せたい」など色々な考えがあります。

私個人の考え方としても、新車であれば絶対にやった方が良いと思います。

実際にコーティングしてある新車の5年後とコーティングしていない車の5年後では必ずと言っていいほど差が出ます。

具体的には、「塗装面のツヤ(光沢)」、「キズの入り具合」、「見ため」に違いが出ます。

最低でも新車で購入して5年は乗ろうと考えている方はコーティングはお勧めです。

洗車時間、ワックス等の洗車グッズの費用などを考えたら、最初にコーティングをした方が経済的で5年後の車は絶対に綺麗です。

数年後にやっぱり!と思ってその時にコーティングをしても、新車時にコーティングしてある車と同じ程度には絶対になりません。

その時に必ず「最初にやっておけば良かった…」と思うはずです。

コーティングに関する記事一覧情報・知識に関する記事一覧