カーオーディオ AUDIO

クラリオン「フルデジタルサウンド」

カーオーディオもデジタルの時代。
デジタルの音源をそのままデジタルで再生可能な全く新しいオーディオシステムです。

フルデジタルだと何がどう良いの?

CDやMP3、ダウンロードした音源もほとんどは「デジタル音源」です。従来のオーディオシステム(アナログ)は、CDやダウンロードした音源を再生する為にデジタル信号をアナログに変換して、そのアナログ信号をアンプで増幅させて初めてスピーカーを動かせる力になり、音を出していました。

アナログ信号はとても小さなエネルギーしかないので、そのままの信号ではスピーカーを動かすことができません。そこで、アンプでスピーカーを動かせる電力まで信号を増幅してスピーカーを動かしていたのです。

フルデジタルサウンドは、デジタル信号をそのまま再生できるスピーカーをクラリオンが開発して、アナログに1度も変換すること無くデジタル音源をデジタルのまま再生できるオーディオシステムです。

アナログに変換しないメリットですが、デジタルの音源がアナログに変換する時、そのアナログ信号がアンプで増幅される時などの音の劣化やノイズが混入してしまいます。そのリスクを最小限に抑えている為、音がクリアで元のデジタル音源を劣化させずにそのまま再生ができるというのが最大のメリットです。

メリットだけで本当にデメリットは無いのか?

どこのサイトを見ても「良い」というメリットしか書いていないので、その情報が本当なのか、セールストークなのかが正直わかりません。
実際に当店オーディオ担当スタッフが聞いてみた感想ですが・・・

〇 クリアで混じりけのない透き通った音
〇 専用アプリで音の調整が簡単にできる
△ 音は綺麗だがパワー感が無いせいか、従来のアナログに比べおもしろみに欠ける
× 音のパワー感が無いのでガンガン鳴らしたい人には向かない

これは個人的な感想もあるので、実際にはご自分の耳で試聴するのが1番です。このシステムは今までのオーディオとは違う全く新しいスタイルのオーディオなので試聴しないで購入するのは厳禁です。絶対に試聴してから購入してください。

好き嫌いの好みもハッキリ分かれる音だと思いますので、トレンドワークスでは売るためのメリットの話ばかりではなく、デメリットもご説明したうえで、必ず試聴してから購入することをおすすめします。

取付工賃込みセット

「商品」と「取付工賃」をセットにして特別価格で販売しております。

「フロントスピーカー/サブウーファー/プロセッサー/取付工賃」セット

プロセッサー・ツィーター・コマンダー「Z3」
フルデジタルスピーカー「Z7」
フルデジタルサブウーファー「Z25W」
ウーファーBOX「Z25W専用BOX」
取付工賃

通常¥394,200 ⇒ ¥293,000(税込)

「フロントスピーカー/リアスピーカー/サブウーファー/プロセッサー/取付工賃」セット

プロセッサー・ツィーター・コマンダー「Z3」
フルデジタルスピーカー「Z7」
フルデジタルスピーカー「Z7」
フルデジタルサブウーファー「Z25W」
ウーファーBOX「Z25W専用BOX」
取付工賃

通常¥509,760 ⇒ ¥387,000(税込)

 

カーオーディオに関する記事一覧