• トップ > 
  • カーAV
  • > リアモニター(後席用モニター・フリップダウンモニター)

リアモニター(後席用モニター・フリップダウンモニター)

リアモニター(後席用モニター・フリップダウンモニター)

リアモニター

ご家族、お子様に1番人気のリアモニター。

ご旅行の際、ご家族やお子様からの不満を1発で解決する方法。それが「後席用モニター」です。運転席ではナビのルート案内、後席ではテレビやDVDを楽しめますので同乗者からの「暇…。」という不満はこれで解決できます。

アルパインのモニターにはシャープ「プラズマクラスター」内蔵モデルもあり映像を楽しみながら空気もきれいにする高機能モニターも発売されてます。

他にもLEDルームライト機能付きモデルなど「モニターの種類や機能など種類が多過ぎて、どれが自分に合っているのか分からない…。」というご意見が多く頂いておりますので、まずは種類の違いで何が違うのかをご説明させて頂きます。

 

2種類のモニター形状から選べます。

リアモニターは大きく分けて2種類の形状に分かれます。その中で「機能」や「色」の違いによって種類が異なります。

大きく分けて「フリップダウンタイプ」「ヘッドレストタイプ」の2種類の形がありますので、デザイン、機能、ご予算からお選びください。 

 

機能性、デザイン重視「フリップダウンタイプ」

フリップダウンタイプ

天井にモニターを固定し、吊り下げる形でモニターを設置します。

使用しない時はモニターを折りたたみして収納できますので、使い勝手が良くモニターサイズも大きいのが特徴ですが、天井取り付けになりますので、車側の加工(天井切り取り作業)が必要になり、取り外しの際に純正状態に戻すことができません。モニターの他に取り付けキットが必要になります。

ミニバンやワンボックスなど車高の高い車は迷わずフリップダウンモニターがオススメ!

カロッツェリアに比べアルパイン製の方が適合車種が多く、アルパイン製が人気です!

オデッセイ取付例
 
モニター角度が調整可能
 
 

価格重視「ヘッドレストタイプ」

PKH-M1000SV

運転席(助手席)のヘッドレストに専用スタンドを設置してモニターを設置します。使用しない時の収納はできませんのでモニターが邪魔になってしまうことがありますが、車側の加工を必要としませんので取り外しの際に純正状態に戻すことが可能です。車を加工することに抵抗のある方やコストを抑えたい方に!

セダン車や背の低い車にフリップダウンタイプの取り付けも可能ですが、圧迫感が出てしまい車が狭く感じてしまいますので車高の低いお車は「ヘッドレストタイプ」がオススメです。

ヘッドレストモニター取付例
 

取扱メーカー

アルパイン

商品詳細、適合確認はメーカーサイトでご確認ください。

   
カロッツェリア

商品詳細、適合確認メーカーサイトでご確認ください。

 

取付工賃

 

フリップダウンタイプ

21,000円(税込)

カーナビ同時15,750円(税込) 

ヘッドレストタイプ

12,600円(税込)

カーナビ同時8,400円(税込) 

   

カーナビ取り付けと同時作業で4,200~5,250円値引!

 

車の仕様によってリアモニターに映す映像をナビから取り出す為の「映像出力アダプター」などが必要になる場合が御座います。またフリップダウンモニターの取付工賃はフリップダウン用取り付けキットを使用した場合の工賃となります。

※輸入車など適合する取り付けキットがない場合は、ワンオフ加工にて取り付けさせて頂きます。(取付工賃42,000円から)

まずは適合確認も含め、お見積りさせて頂きますのでお気軽にご相談ください。

 

お見積り(無料)

 

 

東京店のみ

(仙台店では施工内容・価格が異なりますので詳細は仙台店へお問い合わせください)

 

TRENDWORKS

 

 OPEN10:00~CLOSE20:00

 

TEL: 03-3756-0201

FAX: 03-3756-0202

e-mail:info@trendworks.jp