デッドニング

デッドニング施工

デッドニングとは、スピーカーの振動によってドアの鉄板が共鳴(振動)してしまったり、ドア鉄板内でスピーカー背面から出た無駄な音が耳に伝わってしまわない様にドア内部に鉄板の振動を抑える「制振材」やスピーカーから出た音が跳ね返って音と音がぶつかり、スピーカー本来の音に悪影響を与えないようにする為の「吸音材」を施工しスピーカー本来の音(クリアで雑音のない音)にします。

 

IMG_0006.jpeg

施工前(純正状態)

 
IMG_0004.jpeg
 

施工後

 
37710002--02.jpg
 

Q、「デッドニングをすると、音がどう変わるの?」

デッドニングをしていない車ではスピーカー性能を十分に発揮させることは難しく「デッドニングをして初めてスピーカー本来の音が出る」と言っても過言ではありません。

 

「お店のデモで試聴した時は良い音がしたのに、いざ購入して車で聞くとなんだかイマイチ…」「シャカシャカして迫力がない…」「低音がボワンボワンとして変に響いて不快…」というのもリスニング環境の違いによるものです。

当店でも「他店で交換したが思ったより良い音がしない…」とご来店頂く方の悩みはほとんどがデッドニングで解消されます。

最近はデッドニングの認知度が高くなり施工する量販店も増えてきましたが、以前はスピーカーだけ交換して終了というのは普通でした…。 

 

お店ではしっかりとした箱(スピーカーBOX)に設置し音を出してますが、車では左右のスピーカーの距離が違ったり、スピーカーの向きが横向きであったり、デモボードで試聴した時に比べ環境が違い過ぎます。少しでも環境を整えてデモボードで視聴した時の音を再現する為にはデッドニングは必要不可欠です。 

 

Q、「どんな作業(施工)をするの?」

サービスホール(メンテナンス用の穴)やドア内部の鉄板を制振材(振動を抑えるデッドニング専用シート)で塞ぎスピーカーBOXの様にBOX化して、スピーカーBOXに設置されている環境に近づけることによって、スピーカー本来の音を引き出します。

実際スピーカーはBOXに入っていないとスカスカな音がします。どんなスピーカーでもBOXに入っているのはスピーカー自体がBOXに入れないとちゃんとした音が鳴らない構造になっているからなのです。

スピーカーは表からだけ音が出ていると思われていますが、実際にはスピーカーの後ろからも表側と同じ様に音が出ているので、その音がドア内部で反響しドアが振動してドアからビビリ音が発生したり、スピーカーの動きを邪魔してしまい音質が悪化します。

この様な音質悪化を防ぐ為にスピーカー設置部の背面には音を吸収する吸音材を施工し、スピーカー背面から出てしまう無駄な音をカットすることによって結果的に実際に耳に入る音がボヤっとしてしまうのを防ぎ、音が引き締まる(輪郭がハッキリする)効果があります。

当店では他店でよく使用されているスポンジ素材の吸音材は使用しておりません。スポンジ素材の吸音材は耐久性がなく数年でボロボロになってしまいます。

耐久性に優れ、スポンジ素材の吸音材より性能の高い高級素材「レアルシルト ディフュージョン」を全プランで使用しています。 

 

Q、「変化は体感できるの?」

施工前と施工後の比較用ドア

当店では「施工前」と「施工後」の実物のドアをデモで用意しております。量販店ではスピーカーを設置して聞き比べが出来るようにしているショップもありますが、もっとわかりやすく体感できる様にしました。

 
実際にドアを叩いて振動が抑えられているのを実感

実際にドアを「コンコン」と叩いて頂き、ドア鉄板の響き方や振動が無くなる事によって「何が変わるのか?」をご自分で体感してみて下さい!

 

Q、「見えない部分だから不安なんだけど…」

POPOP.jpg

デッドニングはドア内部の作業の為、お車をお返しする際に施工部分の確認ができないのが普通です。見た目は施工前と全く変わりません。

見えない部分なので「ちゃんと施工されているか…」「写真と全然違うのではないか…」などご不安があると思いますので、当店では施工写真をお渡ししておりますので作業後に見えない部分がどうなってるかの確認ができます。

安心してご依頼ください。

 

 施工料金

(左右ドア/1セット)※税込

%E3%83%87%E3%83%83%E3%83%8900001.jpg
 

クリックで拡大

 
※上記価格は「制振材+拡散材+作業工賃」のコミコミ価格となります。
※上記の違いは「使用する制振材(部材)」の違いのみです。施工方法や施工面積は車種によっても異なりますが、使用する制振材による施工面積や施工内容の違いは御座いません。
 

プランの選び方

「まずはデッドニングをしてみたい」という方は初級プラン。

「車内を静かにしたい」「音漏れを軽減したい」という防音重視の方は中級プラン。

「音を良くしたい」「車内も静かにしたい」「音漏れも軽減したい」という音質向上重視の方は上級プラン。(当店オススメ)

音を良くしたい」「車内も静かにしたい」「音漏れも軽減したい」「どうせやるなら1番良くなるのが良い」という欲張りな方にはEXプラン。

 

使用する部材を触って選べます

各プランで使用する部材をご自分の手で触って、選ぶことができます。実際に持ってみると重さの違いや厚みの違いが体感できます!

STP GOLD AEROとBOMB AEROの比較
STP GOLD AEROとBOMB AEROの比較2
レアルシルトとアブソーブの比較
レアルシルトとアブソーブの比較2
 

実は「デッドニング」にはこんな効果(変化)もあります

「デッドニングで高級車に変化?」

施工後の変化ですが、車種によって音は異なりますがドアの共振が減少することによって「ドア開閉音」も変化します。ドアを閉めた時のドア鉄板の振動がデッドニングによって減少することによって起こる変化の1つです。

簡単に説明すると「ドタン!」から高級車の様な「バスッ!」に変化します。

 

それだけドア鉄板が振動し、デッドニング施工によって振動が減少している証拠なのです。 

 

高級車の価格が高い理由の1つに「ドア鉄板の共振や車内の静音性を高めるためにドア鉄板の厚さを厚くしたり車の製造段階でドア鉄板の共振(振動)を抑えるための工夫が色々とされているから。」というのがあります。

 
 

「車内を静かにする効果

デッドニングでサービスホール等を埋めて、ドアの共振が少なくなりますので外部の音がボディーに伝わりづらくなりますので車内も確実に静かになります。

 

スピーカーの音質向上ではなく「車内を静かにする為だけ」に制振材を施工をすることもありますので効果は確実にあります。

より「静かになる効果」を体感したい方は「中級プラン」「上級プラン」の防音効果の高いプランをお選びください。

上級プランでは音楽スタジオの壁面などに貼ってあるスポンジ素材の吸音材を施工して外からのロードノイズや風切り音を遮断します。また車内の音楽を外に漏れないようにする効果があります。 

 

デッドニングは無駄な音をカットするだけではなく、デッドニングを施工する」「車内が静かになる」「車内の雑音が少なくなりスピーカーの音がよく聞こえる」「今まで聞こえなかった音が聞こえてくる」「音が良く聴こえる」「良い音になる」というメリットもあります。

 

スピーカー交換と同時に施工することによって変化を更に体感できますのでお勧めです。

只今、同時作業で10,000円OFFキャンペーン中!!

不満がある方、ご検討中方はやるなら「今」です!     

 
 
スピーカー交換へ
 

TRENDWORKS RECOMMEND

当店で1番人気の「デッドニング上級プラン」で使用している積水化学のレアルシルトシリーズ「レアルシルト」「ディフュージョン」「アブソーブ」。

「振動を抑える」事に、ここまでこだわっている制振材は他にありません。

効果がなければ意味が全くないからこそ科学的な検証を行ってデータが確実に出ているレアルシルトを施工して確実に体感しましょう。

 
レアルシルト

レアルシルト

 

世界トップレベルの制振性能

「レアルシルト」は低周波から高周波まで周波数に依存することなく、優れた振動吸収性能を発揮します。損失係数は従来製品の5〜20倍(当社調べ)という驚異的な制振性能を誇り、良質な原音を忠実に再現すると同時にクルマの静粛性を向上させることが可能です。 音質改善の秘密は、今までにない高い振動吸収性能(損失係数=世界トップレベル)にあります。 この特性がスピーカー本来の性能を引き出し、クリアな音質を再現させることができるのです。

 
fef284c4428c4fd190d5918d34dfab15.jpg

上図は他社製品A(赤)・B(黄緑)・C(ピンク)とレアルシルト(ブルー)の損失係数を測定した結果をグラフにしたものです。グラフの縦軸が損失係数(振動吸収性能)で横軸が温度による変化を表しています。

 
37d7d2ad59ce39d28908770503397cda.jpg

測定方法は厚み1.6mmの鋼板に制振シートを貼合し、振動減衰特性試験(JIS G 0602)準拠、中央加振法にて測定。半値幅法にて損失係数を算出。※上の画像にあるように加振機を使い、温度を変化させながら測定します。

 

レアルシルトのメカニズム

振動体にレアルシルトを貼り合わせることで、振動体と金属板層にサンドイッチされた制振樹脂層がせん断変形します。 この変形を制振樹脂が分子運動に変換し、最終的に熱エネルギーとして散逸(さんいつ)され、振動・固体音の低減を図ります。

 

原音1dBの増減に対し、再生音も忠実に1dB増減することが理想で、増減の幅が大きい、あるいは小さくても感度が悪くなります。「レアルシルト」は理想に近い再生音を実現します。

 
57c96a5be92386ed0048a1b287324621.jpg

上図は原音の音量変化1dBに対する再生音の変化量(dB)をグラフにしたものです。グラフの縦軸が再生音の変化量(dB)、横軸が周波数(Hz)です。これは1dBの増域に対し、再生音も忠実に1dB増減することが最適です。

 

音が良くなる理由=不要倍音の低減

「レアルシルト」の特徴である“基音と倍音の再生コントロール”とは、車内環境における不要倍音(不要雑音)の発生量を効果的に抑え、基音(原音)を際立たせる能力に優れていることにあります。

 
a6182649fe8dfe2d52d0fb9e31019fde.jpg

上図は各周波数における不要倍音の発生量(dB)をグラフにしたものです。縦軸が不要倍音の発生量(dB)、横軸が基準音周波数(Hz)です。不要倍音の発生量が小さい程、不要音(いらない音)が少なく原音に近い良好な音質となります。

 

制振シートの違いによる比較試聴テスト

下の画像は製品開発過程において他社製品とレアルシルトの比較試聴テストを実施しているところです。本物のドアを用意して仮想空間を作り、データ測定すると共に聴感による評価も行います。 このようなテストを繰り返し行い、改質樹脂にチューニングを加えて完成させたものが超・制振シート「レアルシルト」なのです。

untitled.bmp
 
 
 

TRENDWORKSのこだわり①

スピーカー背面には安価なスポンジの「吸音材」ではなく、高性能で高価な拡散材「レアルシルトディフュージョン」を全てのプランに施工します。

スポンジ素材の吸音材などは数年でボロボロになってしまいますが、ドア内部のスピーカーの背面に設置する為、目視で確認することができません。

耐久性や性能が確実なものを使用して「数年後も変わらない良い音」を作ります。こちらもレアルシルト同様に積水化学が開発した確かな商品です。

 
e2d5e5232320896d31ed6771626eeadc.jpg
 

レアルシルトディフュージョン

レアルシルト ディフュージョン
Zetlon Power
20091206-06.gif
 

「レアルシルトアブソーブ」

   12010003-rsabs-99999.jpg

「車を静かにする」為に開発された高級素材です。

「物理的には静かになる可能性がある」という曖昧なものではなく、データ検証で確実に効果が出ている安心した商品です。

レアルシルトアブソーブ
レアルシルトアブソーブ 断念図
レアルシルトアブソーブ 製品概要

※「上級プラン」のみ

 
 

更に本格的なシステムをご検討中の方は…

サブウーファー  
 

まずは費用対効果の1番高いスピーカー交換から…

スピーカー交換へ  
 
 

絶対「後悔」しない為に少し勉強しましょう!

 
 

「カーオーディオ基礎知識」

 
 
 

東京店のみ

(仙台店では施工内容・価格が異なりますので詳細は仙台店へお問い合わせください)

 

TRENDWORKS

 

 OPEN10:00~CLOSE20:00

 

TEL: 03-3756-0201

FAX: 03-3756-0202

e-mail:info@trendworks.jp